Syslogログエンジン

2.4から「Syslog」ログクラスが追加され、簡単にSyslogを使用できるようになりました。
CakePHP側の設定はbootstrap.php内のCakeLogコンフィグのengineを'Syslog'に変更するだけです。あとは必要に応じてオプションを設定しサーバ側にお任せするだけです。

// app/Config/bootstrap.php
CakeLog::config( 'debug', array(
    'engine' => 'Syslog',
    'types' => array( 'notice', 'info', 'debug'),  // 採用するログレベル
//  'format' => '%s: %s',
//  'flag' => LOG_ODELAY,
//  'prefix' => '',
//  'facility' => LOG_USER
));

パラメーターはopenlogを参照

  • format - 出力メッセージのフォーマット。2つのパラメータ、1つ目の%sが「ログレベル」、2つ目の%sが「メッセージ本体」を組み合わせてフォーマットします。
  • flag - 「openlog」のoptionを参照。デフォルトはLOG_ODELAY
  • prefix - 出力メッセージの先頭に付与する文字列が設定できます。
  • facility - 「openlog」のfacilityを参照。デフォルトはLOG_USER

ログレベル

ログレベル(Severity)はrfc5424(syslog)に準拠するよう変更されているようです。それぞれ、$this->log( 'メッセージ', LOG_EMERG)などで使い分けできます。

// lib/Cake/Log/CakeLog.php

/**
 * Default log levels as detailed in RFC 5424
 * http://tools.ietf.org/html/rfc5424
 *
 * @var array
 */
    protected static $_defaultLevels = array(
        'emergency' => LOG_EMERG,
        'alert' => LOG_ALERT,
        'critical' => LOG_CRIT,
        'error' => LOG_ERR,
        'warning' => LOG_WARNING,
        'notice' => LOG_NOTICE,
        'info' => LOG_INFO,
        'debug' => LOG_DEBUG,
    );
lib/Cake/Log/Engine/SyslogLog.php
Utility > Logging > Logging to Syslog
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

DebugKitを導入

定番のブログチュートリアルをこなして、定番のDebugKitを導入してみました。 2.3からはCakePHPインストール直後に以下のように導入を推奨するような警告メッセージが表示されるようになりまし

テーブルからランダムにデータを取り出す(find)

CakePHPでテーブルから特定件数のレコードをランダムに取得するには以下のように指定するとできます。 $this->data = $this->Bulkdata->find( 'all',

no image

radioボタンを実装

Radioボタンの実装は、セレクトボックスとほぼ同じです。 個人的にはラジオボタンをすすんで使用することは少ないのですが、2択くらいの選択肢であれば非常に便利ですよね。 今回は、その実装方法 デモ

(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。 バリデーションルール 以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。 email メールアドレス

入力文字列の長さ(文字数)をバリデーション

CakePHP 2には、コアバリデーションに文字列の長さを検証する関数が用意されています。 文字列長(コア)バリデーション minLength - 最小文字数以上であること maxLengt

no image

HttpSocketを使用してリクエスト送信

CakePHPには、Webサービスへのリクエスト送信のためのHttpSocketクラスが用意されています。 HttpSocket get HTTP GETリクエストを発行します。デモ H

hasOne アソシエーション

hasOneアソシエーションはテーブル間で1つのレコードに対して他のテーブルに紐付くレコードが1つの場合にjoinする場合に使用します。 CakePHPのドキュメントにならってUserモデルとP

アップロードファイルのバリデーションルール

CakePHP 2.2や2.3になってファイルアップロードに対するルールがコアバリデーションに追加されているようで、まとめてみました。 コアバリデーション 関連しそうなルールは以下の4つの

FormヘルパーのMagicOption (マジックオプション) 

Formヘルパーでは、「フィールド名」,「テーブルカラムのデータ型」もしくはモデルの「バリデーション設定」によりフォーム要素を決定したり、自動で属性を付与する「マジックオプション」と呼ばれるものがある

日付・時間のバリデーション

日付や時刻に関するバリデーションは以下のルールがビルトインされています。 date 日付 time 時刻 datetime 日時 (m:「月」を数字表記 / M:「月」を英語表記)

Comment

CakePHP関連feedとはてブ (@CakePHP_HBFeed) にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑