クレジットカード番号のバリデーションとカード会社を特定してくれる「jQuery Credit Card Validator」

jQuery Credit Card Validatorは、クレジットカード番号のバリデーションを行ってくれるjQueryプラグインです。入力したカード番号の検証とそれに基づいてカード会社の表示を行ってくれるので、情報送信前の確認には便利です。
うまくカスタマイズすれば、利用可能なカード会社の番号のみ送信ボタンを許すようなこともできそうです。デモ

他プラグイン
Payment Smart Validate

カード番号による見分け

ちなみに、クレジットカード番号からカード会社を見分ける方法は以下になります。
http://www.regular-expressions.info/creditcard.html
(もしくは、クレジットカード番号)

Visa (ビザ)
4ではじまる。現在は、16桁の数字(古いやつは13桁)
正規表現:^4[0-9]{12}(?:[0-9]{3})?$

MasterCard (マスターカード)
「51、52、53、54、55」ではじまる。全部で16桁
正規表現:^5[1-5][0-9]{14}$

American Express (アメックス)
先頭2桁が"34"もしくは"37"ではじまる全部で15桁
正規表現:^3[47][0-9]{13}$

Diners Club (ダイナース)
先頭3桁が"300"~"305"、36もしくは38ではじまる。14桁。
*5ではじまる16桁のカードもある。こちらは、ダイナースとマスターのジョイントベンチャーで、マスターとして扱われる。
正規表現:^3(?:0[0-5]|[68][0-9])[0-9]{11}$

ディスカバー
6011もしくは65ではじまる16桁
正規表現:^6(?:011|5[0-9]{2})[0-9]{12}$

JCB (ジェー・シー・ビー)
2131もしくは1800ではじまる15桁。35ではじまる16桁。
正規表現:^(?:2131|1800|35\d{3})\d{11}$

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

数値入力に便利なステッパーを実装「Numeric Stepper」

「Numeric Stepper」は、数値用のステッパーを実装できるjQueryプラグインです。ダウンロード | デモ スクリプト 実装 既存のテキストボックスにclas

レスポンシブにも対応したカレンダーを表示する「Calendario.js」

Calendarioは、レスポンシブデザインにも対応したカレンダ表示プラグインです。 ダウンロード スクリプト 実装 $(document).ready

テキストに動きをつけるプラグイン

テキストをフェイド・スライド「Textillate」 テキストをフェイドイン(アウト)、スライドイン(アウト)してくれます。 ダウンロード デモ My Tit

リストをインクリメント検索・ソートできる「List.js」

List.jsは、リストをインクリメント検索やソートができるjQueryプラグインです。 ダウンロードはこちら リストだけでなくテーブルにも実装可能のようです。 スクリプト

no image

ローソク足チャート「jqPlot」

「ローソク足チャート」は株価の4本値を表示するグラフでよく使われるグラフです。 一つのプロットでOHLC(Open, High, Low, Close) それぞれ、Openは始値、Highは高値、

シンプルでカスタマイズ豊富なスライダー用プラグイン「bxSlider」

「bxSlider」はシンプルに設置でき、かついろいろとオプションが設定可能なスライダー用プラグインです。サイト CDN 標準でもしくはオプションで実現できそうなこと スワイプ キャプション

わずかなコードで画像をサムネイル化してくれる「MyThumbnail.js」

サムネイル化してくれるJQueryプラグインは数多くありますが、この「MyThumbnail」はわずか数行で簡単にページ上の画像を指定サイズにサムネイル化してくれます。 ダウンロード 画像とし

商用利用フリー Lightbox プラグイン

商用利用フリー(投稿時)のlightbox用プラグインをまとめてみました。最新のライセンスに関しては各サイトに確認をお願いいたします。) lightboxの中にもギャラリー表示が可能なもの、ギャラリ

入力テキストの文字数をカウントしてくれる「Textchange」

Twitterのようにinputやtextareaに入力した際に、文字数をカウント(ダウン)してくれるとユーザの利便性が上がります。今回使用したTextChangeは、それ以外にも入力のイベントに対し

no image

テーブル・リスト要素を便利にしてくれるプラグイン

レスポンシブに対応したテーブルを実装できる「FooTable」 リストをインクリメント検索・ソートできる「List.js」 colResizable #カラム幅可変

Comment

  1. 一般論としては
    よそが作ったJavascriptにクレジットカード番号なんか渡しちゃだめでしょ

@nasunotw にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑