ログイン画面・機能をカスタマイズ

CSSを変更してスタイル変更

ログイン画面用のCSSを用意して子テーマとして使用します。変更したい部分だけを記述して下さい。

// オリジナル /wp-admin/css/login.min.css
// functions.php(子テーマ)に追加
// /wp-content/themes/テーマフォルダ/login/login-styles.cssの読み込み
add_action( 'login_head', 'my_login_css');
function my_login_css() {
    wp_enqueue_style( 'my-login-css', get_stylesheet_directory_uri() . '/login/login-styles.css', false, null);
}

注意書きなどのテキストを追加する

ログインフォーム上部に自由に追加できます。

// オリジナル /wp-login.php
// functions.php(子テーマ)に追加
add_filter( 'login_message', 'my_login_message');
function my_login_message( $message) {
    if (empty( $message) ){
        return "<p class='message'>ようこそ。ログインして始めて下さい</p>";
    } else {
        return $message;
    }
}

クッキーの有効期限を変更

ログイン時に"ログイン状態を保存する"にチェックを入れてログインした場合、標準では14日間保持されます。(チェックしない場合は2日保持)

// オリジナル wp_set_auth_cookie in /wp-includes/pluggable.php
// functions.php(子テーマ)に追加
add_filter( 'auth_cookie_expiration', 'keep_me_logged_in_for_1_year');

function keep_me_logged_in_for_1_year( $expirein){
    return 31556926; // 1年間有効 (秒数で指定)
}

プラグイン「Configure Login Timeout」で同様の変更ができます。ダウンロード

"ログイン状態を保存する"に関する制御をしてくれるプラグイン「Remember Me Controls」

このプラグインで以下の設定が行えます。ダウンロード

  • "ログイン状態を保存する" デフォルトでチェック
  • ログインクッキーの有効期限を無しにする(実際は100年有効)
  • ログインクッキーの保持期間の設定→時間(hours)で設定
  • "ログイン状態を保存する"の非表示(+クッキーの保持を1日)


Remember-Me-Controls

パスワードのマスキングを一時的に除去するプラグイン「hideShowPassword」

インストール・有効化するだけでパスワードのマスクを一時的にとりはずすことができるようになります。
hideShowPassword

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Twenty Twelve "Proudly powered by WordPress"をCopyrightに変更

標準でページの最下部に表示される"Proudly ~"を変更します。 子テーマフォルダにfooter.phpをコピーし、以下のように編集を行ってください。リンクを外して、表示部分を書き換えるだけです

コメントフォーム・リストのカスタマイズ

コメント投稿部分は、基本的にはどのテーマでも同じフォームを出力してテーマのstyle.cssで外観を変えています。コメントフォーム欄をカスタマイズするには、プラグインもしくはフックを用いてカスタマイズ

画像マウスオーバーでキャプションを表示

メディアをアップロードした際に、「キャプション」項目にテキストを設定された画像を挿入した場合はキャプションショートコードが生成され、ページ内の各画像下にその設定したテキストが表示されます。 今回

Twenty Fourteen カスタマイズ

「Twenty Fourteen」はWordPress 3.8のデフォルトテーマです。TwentyThirteenから彩りもガラッとかわってますね。個人的には、すごく好きなデザイン。 Twent

折りたたみ要素やタブなどをショートコードで実装できるプラグイン「Arconix Shortcodes」

「Arconix Shortcodes」は、投稿内にショートコードでいろいろな要素を実装できるプラグインです。ダウンロードはこちらからできます。ダウンロード・解凍してpluginsディレクトリにアップ

JSやCSSに自動で付与されるバージョン番号を非表示に

Wordpressでは、JSやCSSがロードされる際にlinkタグやscriptタグ内にWordpressやプラグインもしくはスクリプトそのもののバージョン番号が付与されます。「?ver=」で検索して

Twenty Fourteen クレジットを非表示・変更方法

Twenty Fourteenにも最下部に「Proudly powered by WordPress」というコピーライトが表示されます。それを削除もしくは変更するには、footer.phpを編集して行

翻訳ファイルの子テーマ化

子テーマでfunctions.phpなどを変更していくと翻訳すべき項目にぶつかっていくと思います。例を挙げると_()の部分で、Wordpressが翻訳を行ってくれる部分です。 個人的には、日本語

Twenty Twelve "コメントをどうぞ"を消す

今回は「Twenty Twelve」で標準で投稿タイトル下に出力されるリンク"コメントをどうぞ"|"Leave a reply"を非表示にする方法を。(コメントやピンバックが1件の場合は"1件のフィー

no image

Google+ プラスワン(+1)ボタンの設置

Google+の+1ボタンの設置はプラグインを使用しなくても容易に実装できるようです。ソーシャルボタン設置のプラグインはこちらにいちおうまとめています。 プラスワン(+1)ボタンの設置コード 公式

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    PAGE TOP ↑