ログイン画面・機能をカスタマイズ

CSSを変更してスタイル変更

ログイン画面用のCSSを用意して子テーマとして使用します。変更したい部分だけを記述して下さい。

// オリジナル /wp-admin/css/login.min.css
// functions.php(子テーマ)に追加
// /wp-content/themes/テーマフォルダ/login/login-styles.cssの読み込み
add_action( 'login_head', 'my_login_css');
function my_login_css() {
    wp_enqueue_style( 'my-login-css', get_stylesheet_directory_uri() . '/login/login-styles.css', false, null);
}

注意書きなどのテキストを追加する

ログインフォーム上部に自由に追加できます。

// オリジナル /wp-login.php
// functions.php(子テーマ)に追加
add_filter( 'login_message', 'my_login_message');
function my_login_message( $message) {
    if (empty( $message) ){
        return "<p class='message'>ようこそ。ログインして始めて下さい</p>";
    } else {
        return $message;
    }
}

クッキーの有効期限を変更

ログイン時に"ログイン状態を保存する"にチェックを入れてログインした場合、標準では14日間保持されます。(チェックしない場合は2日保持)

// オリジナル wp_set_auth_cookie in /wp-includes/pluggable.php
// functions.php(子テーマ)に追加
add_filter( 'auth_cookie_expiration', 'keep_me_logged_in_for_1_year');

function keep_me_logged_in_for_1_year( $expirein){
    return 31556926; // 1年間有効 (秒数で指定)
}

プラグイン「Configure Login Timeout」で同様の変更ができます。ダウンロード

"ログイン状態を保存する"に関する制御をしてくれるプラグイン「Remember Me Controls」

このプラグインで以下の設定が行えます。ダウンロード

  • "ログイン状態を保存する" デフォルトでチェック
  • ログインクッキーの有効期限を無しにする(実際は100年有効)
  • ログインクッキーの保持期間の設定→時間(hours)で設定
  • "ログイン状態を保存する"の非表示(+クッキーの保持を1日)


Remember-Me-Controls

パスワードのマスキングを一時的に除去するプラグイン「hideShowPassword」

インストール・有効化するだけでパスワードのマスクを一時的にとりはずすことができるようになります。
hideShowPassword

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「カテゴリー」ウィジェット カスタマイズ

「カテゴリー」ウィジェットは、管理画面ではあまりカスタマイズできません。必要であれば、フックやプラグインを用いて表示設定などの変更を行うことができます。 目次 「カテゴリー」ウィジェットの追加

「続きを読む」(moreタグ)をカスタマイズ

WordPressではほとんどのテーマでは、複数の投稿を表示するアーカイブページ(カテゴリー別、タグ別、年月日別、作成者別など)ではmoreタグ(<!--more-->)を挿入することで、

新年早々やらかした

あけましておめでとうございます。 タイトルどおり、新年早々やらかしてしまいましたのでご報告まで。どうやらかしたかというと、確認用サイトとこのブログを間違えてしまいWordpress 3.5にアップグ

画像マウスオーバーでキャプションを表示

メディアをアップロードした際に、「キャプション」項目にテキストを設定された画像を挿入した場合はキャプションショートコードが生成され、ページ内の各画像下にその設定したテキストが表示されます。 今回

プラグイン関連のJSやCSSの読み込みをフィルター

プラグインをインストールしていくとheadやfooter内がCSSやJSで溢れていきます。できるだけ、自分で書けるものに関しては、余計なコールが少なくなるので可能な場合はそうしていますが(そうもいかず

RSS/Atomフィード カスタマイズ

RSSフィードのカスタマイズ 標準で出力されるフィード WordPressの各種ページで出力されるフィードは以下になると思います。 投稿:投稿のフィード @全てのページ サイトのコメント:

head内に出力される要素を整理

Wordpressを使用していくうちに、head内がカオスな状態になっていくきますよね。そこで、そういう状態になったものをスッキリさせていこうという試みをやっていこうと思います。 削除方法 取り急

「タグクラウド」ウィジェット カスタマイズ

タグクラウドは、管理画面ではあまりカスタマイズできません。必要であれば、フィルターフックやプラグインを用いて表示設定や概観の変更を行うことができます。 目次 出力をカスタマイズ 各タグの

ブルー・オレンジ・ピンクと選べるテーマ「Bouquet」をカスタマイズ

プレビューはこちら ダウンロード 目次 ヘッダー画像の高さを変更 アイキャッチをアップロード h1タグがやたら多いので最適化 画像をレスポンシブ対応 フォント「Sorts Mill

多言語化プラグイン「qTranslate」

ブログを多言語化しようと思い、プラグイン「qTranslate」を導入してみました。 General Settingsで使用する言語を選択する ★使用する言語を選択 管理画面「設定」⇒「Lang

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    PAGE TOP ↑