レスポンシブに対応したテーブルを実装できる「FooTable」

「FooTable」は、画面の大きさに合わせて表示をかえてくれるテーブルを実装できるjQueryプラグインです。かなり、シンプルに実装できます。ダウンロード

#v2にアップデートされたため刷新しました @2013/08/30

Footable (v2)

  • レスポンシブ対応テーブル
  • ソート
  • フィルタ
  • ページネーション

など

スクリプト

<link href= "css/footable.core.min.css" type="text/css" rel="stylesheet">
<script src="jquery.min.js" type="text/javascript"></script>
<script src="js/footable.js" type="text/javascript"></script>

スタイルのテーマが用意されています。standaloneもしくはmetroをインクルードして下さい。

<!-- テーマスタイル -->
<link href= "css/footable.standalone.min.css" type="text/css" rel="stylesheet">
<!--<link href= "css/footable.metro.min.css" type="text/css" rel="stylesheet">-->

実装

<table class="footable">
<thead><tr>
    <th data-class="expand">Name</th>
    <th data-hide="phone,tablet">Phone</th>
    <th data-hide="phone">Email</th>
</tr></thead>
<tbody>
    <tr><td>Bob Builder</td><td>555-12345</td><td>bob@home.com</td></tr>
    <tr><td>BridgetJones</td><td>544-776655</td><td>bjones@mysite.com</td></tr>
    <tr><td>TomCruise</td><td>555-99911</td><td>cruise1@crazy.com</td></tr>
</tbody>
</table>

ブレイクポイントの設定

表示形式とそれに対するカラムの表示有無を自由に設定できます。例では、 "phone"、"tablet"、その他の3つで境界(breakpoint)を設定します。thのdata-hideで表示しない形式(phoneやtablet)を指定します。breakpointで指定した幅よりも小さい場合に隠れるようになります。

<script type="text/javascript">
$(function() {
    $('.footable').footable({
        breakpoints: {
            phone: 640,
            tablet: 1024
        }
    });
});
</script>

デモ

FooTable サンプル
*ブラウザを小さくしてみて確認してください。

ソート機能アドオン

以下のスクリプトを追加で読み込みます。デモ

<script src="js/footable.sort.js" type="text/javascript"></script>

読み込むだけで自動的にソート機能を実装してくれます。

  • <table>にdata-sort="false":特定のテーブルでソート機能を無効化
  • <th>にdata-sort-initial="true":オープン時にそのカラムでソートして表示
  • <th>にdata-sort-ignore="true":そのカラムでのソートを無効化
  • <th>にdata-type="numeric":数値でソートを実施

フィルター検索機能アドオン

以下のスクリプト1つを追加で読み込みます。デモ

<script src="js/footable.filter.js" type="text/javascript"></script>

あとは、対象テーブルにdata-filter="inputフィールドのID"を指定して下さい。(下の例だと#filter)

<input id="filter" type="text"><!-- 入力テキストボックス-->
<table class="footable" data-filter="#filter">
...
</table>
  • <table>にdata-filter-minimum="3":フィルタ検索かける(最低)文字数 [デフォルト:2]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

エフェクト豊富なニュースティッカー用プラグイン「inewsticker」

「inewsticker」は、色々なエフェクトでニュースティッカーが実装できるjQueryプラグインです。ダウンロード エフェクトには、fade/slide/typingの3つが可能です。 デ

ナビゲーション内にサムネイルを設置できる画像スライダー・ギャラリー用プラグイン

画像ギャラリーを作成してくれるjQueryプラグインはたくさん制作されています。その中でもサムネイルを使用してギャラリーのナビゲーションを行ってくれるプラグインをいくつか集めてみました。 サムネ

no image

クリックするとテキストボックスにかわるラベルを実装

Flickrなどでは、写真の編集画面でキャプションをラベルとして表示しておきクリックするとテキストボックスやテキストエリアに変換してくれて編集させるようなインターフェイスを実装しています。結構いいです

no image

日付入力に便利な「Datepicker for Bootstrap」

「Datepicker for Bootstrap」はテキストボックスにカレンダーを表示して日付入力を便利にしてくれるjQueryプラグインです。 目次 Datepicker for Boot

表示パターン豊富なスライダー「flexslider 2」

「flexslider 2」は、シンプルに実装でき、かつカスタマイズ機能が豊富なスライダー用プラグインです。 flexslider 2 オプションや機能 サムネイルナビゲーション 複数表示

様々なタイプのグラフ表示をカバーする「jqPlot」(折れ線グラフ)

Webページにグラフ表示する機会があったので、探してみました。 今回、使用してみた「jqPlot」がシンプルにもできてカスタマイズも豊富でいいです。グラフ用データの形式が少しクセがあり、動的に扱う際

親要素の大きさに合わせてテキストをリサイズ「FitText」

「FitText」は親要素の大きさに合わせてテキストをリサイズしくれるjQueryプラグインです。ダウンロード | デモ スクリプト 実装 responsive_head

no image

色々なタイプの画像ギャラリーが実装できる「Rondell」

「Rondell」は、様々なタイプの画像ギャラリーを実装してくれるjQueryプラグインです。 カルーセル・スライダー・ギャラリーなど一通り実装可能です。 ダウンロード 本家デモ

入力テキストの文字数をカウントしてくれる「Textchange」

Twitterのようにinputやtextareaに入力した際に、文字数をカウント(ダウン)してくれるとユーザの利便性が上がります。今回使用したTextChangeは、それ以外にも入力のイベントに対し

no image

「jqPlot」を使って棒グラフを作成

jqPlotを使って棒グラフを作成してみました。ベースはこの記事を参照ください。 スクリプト jqPlotのベースとなるjsファイルと以下の棒グラフの作成に必要なスクリプトを読み込んで下さい。

Comment

  1. 「FooTable」は、画面の大きさに合わせて表示をかえてくれるテーブルを実装できるjQueryプラグインです。かなり、シンプルに実装できます。

@hibigeek にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑