パス定数と変更方法やURLの取得

CakePHPは基本的にはディレクトリそのまま配置することで構築が可能ではありますが、設定パスを変更することでセキュリティに考慮した構成にすることや運用性をもたせたものにすることが可能になります。

webroot/index.phpで設定する基本パス

  • ROOT -- アプリケーションのディレクトリパス
  • APP_DIR -- アプリケーションのディレクトリ名
  • CAKE_CORE_INCLUDE_PATH -- Cakeライブラリへのパス
  • WEBROOT_DIR -- webrootディレクトリ名
  • WWW_ROOT -- webrootディレクトリ絶対パス
  • DS -- PHPのDIRECTORY_SEPARATORの短縮系。Windowsの場合は\ (バックスラッシュ)、 Linuxの場合は/ (フォーワードスラッシュ)

ここで、「CAKE_CORE_INCLUDE_PATH」を変更することで、例えば、あるディレクトリに異なるバージョンのライブラリを配置しておいてアプリケーション側から読み込むライブラリパスを切り替えることが可能になります。また、1つのライブラリを複数のアプリケーションから使用することも可能です。
関連:CakePHP 2.x インストール

上記を元に設定されるパス

define('CORE_PATH', CAKE_CORE_INCLUDE_PATH . DS);  // CAKE_CORE_INCLUDE_PATH + ディレクトリセパレータ
define('CAKE', CORE_PATH . 'Cake' . DS);           // CORE_PATH + 'Cake' + ディレクトリセパレータ
define('APP', ROOT . DS . APP_DIR . DS);           // ROOT + APP_DIR + ディレクトリセパレータ
define('VENDORS', ROOT . DS . 'vendors' . DS);     // Vendorディレクトリ

define('APPLIBS', APP . 'Lib' . DS);               
define('TESTS', APP . 'Test' . DS);                // Testディレクトリ
define('TMP', APP . 'tmp' . DS);                   // キャッシュやCakeログのベースディレクトリ
define('CACHE', TMP . 'cache' . DS);               // キャッシュが保存されるディレクトリ
define('LOGS', TMP . 'logs' . DS);                 // Cakeログが保存されるディレクトリ

キャッシュやCakeログファイルの保存先を変更する場合は、webroot/index.php内で以下のように変更ができます。

// webroot/index.phpに追加
if (!defined('TMP')) {
    define( 'TMP', "TMPディレクトリのパス");
}

// CACHE・LOGSもそれぞれ個別に設定も可能

関連:ログローテーション

CSS/JS/画像ファイルパス

define('CSS', WWW_ROOT . 'css' . DS);     // 2.4から非推奨
define('CSS_URL', 'css/');                // 2.4から非推奨。App.cssBaseUrlを使用
define('IMAGES', WWW_ROOT . 'img' . DS);  // 2.4から非推奨
define('IMAGES_URL', 'img/');             // 2.4から非推奨。App.imageBaseUrlを使用
define('JS', WWW_ROOT . 'js' . DS);       // 2.4から非推奨
define('JS_URL', 'js/');                  // 2.4から非推奨。App.jsBaseUrlを使用

App.cssBaseUrl、App.jsBaseUrlがそれぞれHtml->css、Html->scriptで使用されます。
関連:Js/Cssファイルの読み込みや出力する方法

URLを取得する

ベースURLとなるFULL_BASE_URLが使用可能です。

FULL_BASE_URL // http://kwski.net

コントロラー/アクションのURLは、Router::urlを使用して取得することができます。第2引数をfalseに設定するとFULL_BASE_URLが除外されたかたちで取得されます。

Router::url( '/', true);
Router::url( '/controller/action/', true);
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ログローテーション

CakePHP 2.xではbootstrap.php内にあらかじめアプリケーションログの設定が書かれています。2.xで日付ごとにログファイルが切り替わるよう設定してみました。 日ごとにログを切り替え

recursive設定によるfind()性能改善

CakePHPでは、モデルにアソシエーションを設定している場合、recursive(=>joinする階層)はデフォルトで0に設定されています。「recursiveゼロ」の意味するところとは、「1跨ぎま

CakePHP インストール時エラーの対処

CakePHPインストール時に出くわすであろうエラーの原因と対処方法についてまとめてみました。前提として、WebサーバはApache、データベースはMySQLとしています。 Timezone未設

入力文字列の長さ(文字数)をバリデーション

CakePHP 2には、コアバリデーションに文字列の長さを検証する関数が用意されています。 文字列長(コア)バリデーション minLength - 最小文字数以上であること maxLengt

数値系バリデーション

CakePHP 2になっていくつか数値用バリデーションルールが追加されています。 数値用 (コア)バリデーション decimal - 十進数であること numeric - 数値であること

selectボックスを実装

今まで、selectボックスのgroupを作成するのにSet::Combineを使用していましたが、意外と簡単にできることに気付いてしまったので、ご紹介。(自分だけ知らなかったことに気付いた と言った

アップロードファイルのバリデーションルール

CakePHP 2.2や2.3になってファイルアップロードに対するルールがコアバリデーションに追加されているようで、まとめてみました。 コアバリデーション 関連しそうなルールは以下の4つの

独自のバリデーションルールを作成

CakePHPで組み込みバリデーションルールをつくる方法は、正規表現を定義する方法と独自メソッドを定義する方法の2つがあるようです。 参考 Custom Validation Rules 正規

(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。 バリデーションルール 以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。 email メールアドレス

CSS/JSをひとまとめにして軽量化するプラグイン「Minify plugin for CakePHP」

「Minify plugin for CakePHP」は、インクルードするCSSもしくはJSファイルをひとまとめにしてキャッシュ化してくれるプラグインです。 導入 ダウンロード・解凍し

Comment

  1. #tech #テクノロジー
    CakePHP 2.x | パス定数と変更方法やURLの取得:
    CakePHPは基本的にはディレクトリそのまま配置することで構築が可能ではありますが、設定パスを変更することでセキュリティに考慮した.. http://t.co/52Vr8QvGif

【Cake】設定・appを公開領域外に配置 | For Want Of A Better Word にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑