パス定数と変更方法やURLの取得

CakePHPは基本的にはディレクトリそのまま配置することで構築が可能ではありますが、設定パスを変更することでセキュリティに考慮した構成にすることや運用性をもたせたものにすることが可能になります。

webroot/index.phpで設定する基本パス

  • ROOT -- アプリケーションのディレクトリパス
  • APP_DIR -- アプリケーションのディレクトリ名
  • CAKE_CORE_INCLUDE_PATH -- Cakeライブラリへのパス
  • WEBROOT_DIR -- webrootディレクトリ名
  • WWW_ROOT -- webrootディレクトリ絶対パス
  • DS -- PHPのDIRECTORY_SEPARATORの短縮系。Windowsの場合は\ (バックスラッシュ)、 Linuxの場合は/ (フォーワードスラッシュ)

ここで、「CAKE_CORE_INCLUDE_PATH」を変更することで、例えば、あるディレクトリに異なるバージョンのライブラリを配置しておいてアプリケーション側から読み込むライブラリパスを切り替えることが可能になります。また、1つのライブラリを複数のアプリケーションから使用することも可能です。
関連:CakePHP 2.x インストール

上記を元に設定されるパス

define('CORE_PATH', CAKE_CORE_INCLUDE_PATH . DS);  // CAKE_CORE_INCLUDE_PATH + ディレクトリセパレータ
define('CAKE', CORE_PATH . 'Cake' . DS);           // CORE_PATH + 'Cake' + ディレクトリセパレータ
define('APP', ROOT . DS . APP_DIR . DS);           // ROOT + APP_DIR + ディレクトリセパレータ
define('VENDORS', ROOT . DS . 'vendors' . DS);     // Vendorディレクトリ

define('APPLIBS', APP . 'Lib' . DS);               
define('TESTS', APP . 'Test' . DS);                // Testディレクトリ
define('TMP', APP . 'tmp' . DS);                   // キャッシュやCakeログのベースディレクトリ
define('CACHE', TMP . 'cache' . DS);               // キャッシュが保存されるディレクトリ
define('LOGS', TMP . 'logs' . DS);                 // Cakeログが保存されるディレクトリ

キャッシュやCakeログファイルの保存先を変更する場合は、webroot/index.php内で以下のように変更ができます。

// webroot/index.phpに追加
if (!defined('TMP')) {
    define( 'TMP', "TMPディレクトリのパス");
}

// CACHE・LOGSもそれぞれ個別に設定も可能

関連:ログローテーション

CSS/JS/画像ファイルパス

define('CSS', WWW_ROOT . 'css' . DS);     // 2.4から非推奨
define('CSS_URL', 'css/');                // 2.4から非推奨。App.cssBaseUrlを使用
define('IMAGES', WWW_ROOT . 'img' . DS);  // 2.4から非推奨
define('IMAGES_URL', 'img/');             // 2.4から非推奨。App.imageBaseUrlを使用
define('JS', WWW_ROOT . 'js' . DS);       // 2.4から非推奨
define('JS_URL', 'js/');                  // 2.4から非推奨。App.jsBaseUrlを使用

App.cssBaseUrl、App.jsBaseUrlがそれぞれHtml->css、Html->scriptで使用されます。
関連:Js/Cssファイルの読み込みや出力する方法

URLを取得する

ベースURLとなるFULL_BASE_URLが使用可能です。

FULL_BASE_URL // http://kwski.net

コントロラー/アクションのURLは、Router::urlを使用して取得することができます。第2引数をfalseに設定するとFULL_BASE_URLが除外されたかたちで取得されます。

Router::url( '/', true);
Router::url( '/controller/action/', true);
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

FullCalendarを使用してカレンダーアプリケーション

カレンダーアプリケーションを作成するため、カレンダー表示できるプラグインを探索して出会ったFullcalendarを試してみました。シンプルに使用できる上に、オプションがかなり豊富です。ダウンロード

SQLクエリーをログに出力する

SQLのクエリーをデバッグするには、Debug Kitを使用すればできますが、デバッグログと一緒に出したいのでやり方を調査してみました。 別々のログやビューでみるのもいいですが、秒単位で実行される処

バリデーションエラーメッセージの取得

CakePHP 2.xになってバリデーションエラー時に返却されるメッセージのデータ形式が変更になったようです。1.3系では、ひとつのフィールドに対して返却されるメッセージは一つのルールのみですが、2.

テーブルからランダムにデータを取り出す(find)

CakePHPでテーブルから特定件数のレコードをランダムに取得するには以下のように指定するとできます。 $this->data = $this->Bulkdata->find( 'all',

FormヘルパーのMagicOption (マジックオプション) 

Formヘルパーでは、「フィールド名」,「テーブルカラムのデータ型」もしくはモデルの「バリデーション設定」によりフォーム要素を決定したり、自動で属性を付与する「マジックオプション」と呼ばれるものがある

no image

radioボタンを実装

Radioボタンの実装は、セレクトボックスとほぼ同じです。 個人的にはラジオボタンをすすんで使用することは少ないのですが、2択くらいの選択肢であれば非常に便利ですよね。 今回は、その実装方法 デモ

ユーザ登録(仮登録・メール・本登録)

以前1.3版で投稿した「ユーザ登録」処理の2.x版を作成しました。フローは同じで以下のようにします。 1. メールアドレス・パスワードでユーザ登録 2. この時点では仮登録として、本登録用のU

コントローラ内でバリデーション処理を呼び出す

CakePHPでは、saveメソッドの際にバリデーション処理も自動で行われますが、save処理と切り離してバリデーションを行うこともできます。このときは、save時と若干異なる処理体系になります。

CakePHP 2.x インストール

現在まで私が商用・非商用にリリースしているCakePHPアプリケーションは全て1.3.xベースで作成しています。 まだまだロードマップ的には大丈夫そうですが、お客さん向けに納品しているアプリケーショ

(メール・URL・電話・郵便・IP) データ バリデーション

今回は、プロフィール情報に使用されるデータに絞ったバリデーションルールです。 バリデーションルール 以下の5つのバリデーションルールがコアに用意されています。 email メールアドレス

Comment

  1. #tech #テクノロジー
    CakePHP 2.x | パス定数と変更方法やURLの取得:
    CakePHPは基本的にはディレクトリそのまま配置することで構築が可能ではありますが、設定パスを変更することでセキュリティに考慮した.. http://t.co/52Vr8QvGif

@en_mk107 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑