Js/Cssファイルの読み込みや出力する方法

CakePHPのHTMLヘルパーにはjsファイルやcssファイルを読み込むためのメソッドが用意されています。ファイルを読み込むのに加えて、出力先を複数指定できるようになっています。
また、インラインに出力する関数も用意されており、動的に出力する際にも便利なようにつくられているようです。

javascriptファイルの読み込み

javascriptファイルの読み込みを行うには以下のようにHtmlヘルパーのscriptにパスを指定します。

echo $this->Html->script( 'jsファイル(パス)');
// パスに//が含まれている場合は、CDNから取得される。
echo $this->Html->script( '//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.10.2/jquery.min.js');
// App.jsBaseUrl(JS_URL)以下のパスを指定。標準では、app/webroot/js
echo $this->Html->script( 'jquery.min.js');

出力する場所を指定

inline指定なしの場合は、scriptメソッドを記述した場所に出力されます。(デフォルトでtrue)
falseにした場合は、デフォルトで$this->fetch('script')に出力されます。

blockを指定することで出力場所を複数分割指定することも可能でhead/body内などそれぞれ指定が可能になります。('block' => 'script'がデフォルト)

// 記述場所に出力する
echo $this->Html->script( 'jquery.min.js', array( 'inline' => true));

// 出力場所を指定
// /app/View/Layouts/default.ctpの$this->fetch('script')に出力される
echo $this->Html->script( 'jquery.min.js', array( 'inline' => false));

// $this->fetch('script')以外に出力
echo $this->Html->script( 'jquery.min.js', array( 'inline' => false, 'block' => 'footer'));
// 出力させたい場所に記述
echo $this->fetch( 'footer')

インラインで出力する「scriptBlock」「scriptStart」「scriptEnd」

以下のようにするとHTML内に直接出力することができます。

<?php echo $this->Html->scriptBlock( 'alert( "alert");', array( 'inline' => false)); ?>

<?php echo $this->Html->scriptStart( array( 'inline' => false)); ?>
alert( "alert");
<?php echo $this->Html->scriptEnd(); ?>

Cssファイルの読み込み

CSSファイルの読み込みもJSファイルとほぼ同じです。

echo $this->Html->css( 'cssファイル');
// パスに//が含まれている場合は、URL(CDNなど)から取得される。
echo $this->Html->css( '//netdna.bootstrapcdn.com/bootstrap/3.1.1/css/bootstrap.min.css');
// App.cssBaseUrl(CSS_URL)以下のパスを指定。標準では、app/webroot/css
echo $this->Html->css( 'bootstrap.min.css');

出力する場所を指定

inline/blockオプションの使用方法はscriptと同じです。inlineをfalseに指定した場合は、デフォルトで$this->fetch('css')に出力されます。
('block' => 'css'がデフォルト)

インラインで出力する「style」

以下のようにキーと値で配列の組み合わせによりスタイルを出力することができます。必要なところでstyleタグは囲って下さい。
動的にスタイルを変えたい場合などに便利です。


<?php echo $this->Html->style(array(
    'background' => '#633',
    'border-bottom' => '1px solid #000',
    'padding' => '10px'
    ),
//  'oneline' => true  // 1行で出力される(デフォルト)
);
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ユーザ登録(仮登録・メール・本登録)

以前1.3版で投稿した「ユーザ登録」処理の2.x版を作成しました。フローは同じで以下のようにします。 1. メールアドレス・パスワードでユーザ登録 2. この時点では仮登録として、本登録用のU

hasOne アソシエーション

hasOneアソシエーションはテーブル間で1つのレコードに対して他のテーブルに紐付くレコードが1つの場合にjoinする場合に使用します。 CakePHPのドキュメントにならってUserモデルとP

アップロードファイルのバリデーションルール

CakePHP 2.2や2.3になってファイルアップロードに対するルールがコアバリデーションに追加されているようで、まとめてみました。 コアバリデーション 関連しそうなルールは以下の4つの

DebugKitを導入

定番のブログチュートリアルをこなして、定番のDebugKitを導入してみました。 2.3からはCakePHPインストール直後に以下のように導入を推奨するような警告メッセージが表示されるようになりまし

入力文字列の長さ(文字数)をバリデーション

CakePHP 2には、コアバリデーションに文字列の長さを検証する関数が用意されています。 文字列長(コア)バリデーション minLength - 最小文字数以上であること maxLengt

Formヘルパーのinputタグのdiv/labelなどの設定

Formヘルパーのinputではデフォルトでは以下のようにdivで囲われて、labelが付与されて出力されます。 CSSのフレームワークなどであらかじめ決まったスタイルがある場合に便利に作られていま

Markdown Plugin

「Markdown CakePHP Plugin」は、MarkDown書式をレンダリングしてくれるビューヘルパーです。MarkDownについて勉強しているうちに出会ったので試し打ちです。 ダウンロー

CakePHP 2.x インストール

現在まで私が商用・非商用にリリースしているCakePHPアプリケーションは全て1.3.xベースで作成しています。 まだまだロードマップ的には大丈夫そうですが、お客さん向けに納品しているアプリケーショ

Blowfishを使用してハッシュ化する

使用方法 Blowfishを採用してハッシュ化を行う場合、Securityクラスのhashメソッドを呼び出します。第2引数に'blowfish'を指定し、第3引数を指定しないもしくはfalseにしま

パス定数と変更方法やURLの取得

CakePHPは基本的にはディレクトリそのまま配置することで構築が可能ではありますが、設定パスを変更することでセキュリティに考慮した構成にすることや運用性をもたせたものにすることが可能になります。

Comment

Makoto Kizuka (@typista) へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    PAGE TOP ↑